~とある若手構造設計者の徒然blog~

とある組織設計事務所に勤めています。7年目。日々勉強、日々精進ですが、これまで色々感じたこと学んだことなどを書いていきます。

一級建築士 製図試験

一級建築士製図試験 記述 ~鉄筋コンクリート造の耐震ルートについて~

先日の令和2年度の一級製図試験を受験された方々、お疲れ様でした。 製図試験の中の要点の記述において、「耐震ルート」についての設問がありました。(問題用紙や記述の用紙は見ていないので、詳しいことは分かりませんが…) 一級建築士で出てくるような規…

一級建築士製図試験 記述 ~構造計画における目標耐震性能について~

平成26年の「温浴施設のある道の駅」の沖縄試験及び平成27年の「市街地に建つデイサービス付き高齢者向け集合住宅」において、要点の記述の構造計画において出題された「目標耐震性能」について、これから解説していきます。 というのも、そろそろ出てもおか…

令和2年一級建築士製図試験について ~構造的観点 その2~ 架構形式とスパン割り

り前回の「令和2年一級建築士製図試験「高齢者介護施設」について ~構造的観点~」にて、製図試験の構造的観点についてざっくりお話しさせて頂きました。 今回は、前回のお話の中であえて書かなかった、「鉄筋コンクリート造」の場合の ・架構形式 ・スパン…

一級製図試験での基礎形式ってべた基礎?布基礎?独立基礎?…検証してみました!

今回は、一級建築士の製図試験で気になることのひとつ 「基礎形式ってどうすればいいの?…べた基礎?布基礎?独立基礎?」 ってことで、簡単に検証してみます。 建物規模は令和元年度試験の「美術館」で設定された地上3階で考えます。 ・荷重設定 実際はちゃ…

令和2年一級建築士製図試験「高齢者介護施設」について ~構造的観点~

令和2年7月22日に令和2年一級建築士試験「設計製図の試験」の課題発表がありましたね! 「高齢者介護施設」 ざっくりした課題テーマだな~という印象ですが、 どんな用途であっても根本的なことは一緒なので、 製図試験を受ける方々、これから大変ですが頑張…